水を下に置くタイプのウォーターサーバー

ウォーターサーバー

自宅で好きな時に美味しいお水を飲める、ウォーターサーバーは便利ですよね。
最近利用する人も増えています。利用者の口コミを見ても評判がいいウォーターサーバーですが、水の交換が大変という
カキコミも目につきます。
何が大変なのかというと、10リットルもある水ボトルをサーバーに設置しなければいけません。
その際、水ボトルを持ち上げるのが重たくて大変だというわけです。
ウォーターサーバーを利用する人は長期的に利用する人が多いですから、その間に何度も何度も水を交換する作業があるわけです。その水交換の作業をもっと簡単にしたいと思いませんか?

水交換を簡単にする方法として、ウォーターサーバーの水交換の際に水ボトルを持ち上げる作業がなければいいのです。
そんな事可能なの?と思うかもしれませんが、サーバーの種類によっては可能です。
水ボトルを設置する場所がサーバーの上にあれば、当然水ボトルを持ち上げる必要性がでてきます。
しかし水ボトルを設置する場所がサーバーの下にあれば、水ボトルを持ち上げる必要はありません。
そのため、簡単に水交換が出来るというわけです。

では、水交換が簡単なウォーターサーバーの水を下に置くタイプをランキング形式で紹介します。
まず1位は、「ネイフィールウォーター」です。
らく楽シリーズのセレクトは水ボトル収納が足元にあります。
それをボトルバスケットに入れて交換するので、非常に簡単に水交換が可能です。
しかも水ボトルの配送日程も選ぶ事が可能です。
1日にどれぐらい水を使用するのかは、家族の人数や使用用途によって大きく異なります。
1ヶ月に1度の間隔で配送する業者が多いですが、1ヶ月に1度では水ボトルが途中でなくなってしまう家庭もあるでしょう。またなくなるから1ヶ月に2セットのお水を注文すれば、常温でお水を置いておく期間が長くあるため、未開封の状態とはいえ、鮮度は徐々に落ちてしまいます。
ですが、ネイフィールウォーターなら7日、10日、15日、20日、1ヶ月と自分のライフスタルに合わせた間隔で配送してもらう事が可能です。そして万が一定期発送前に水が切れてしまった場合でも、電話1本ですぐに配送してくれます。
そんなきめ細かいサービスが1位に選ばれた要因でしょう。

2位の「コスモウォーター」は、成宮寛貴さんがCMキャラクターをしている事でも有名です。
片手で水交換ができるボトルバスケット方式を日本で初めて考案した会社です。
それだけお客様の事を考えていると言えるでしょう。
サーバーの色は6種類のタイプがあるので、部屋のインテリアに合わせて選ぶ事ができます。
サイズもスリムサイズなので、キッチンやリビングに設置しても邪魔になりません。
また重たい水を下に設置する事の利点は、水交換が楽にできるだけではありません。
重心が低くなるため、簡単に倒れる事はないでしょう。
そしてウォーターサーバーは地震対策にもなります。
地震で一番困るのは、水が確保できない点です。少なくとも地震に備えて3日間の水の確保はしておきたいところです。
その点ウォーターサーバーなら仮に電気が止まってしまっても、水ボトルから直接水を組めば安全な飲料水を家族分確保することができます。

3位は「ラピロスウォーター」です。
インテリアウォーターサーバーと呼ばれるぐらいスタイリッシュなデザインのサーバーです。
ワンタッチらく楽サーバーは女性が考えたサーバーなので、女性に使い勝手がいい心配りがあるサーバーです。
水の設置場所は下部の引き出す部分なので、水交換時に水ボトルを上まで持ち上げる必要はありません。
またエコモードが搭載されているので、省エネモードで電気代を節約してくれます。
そして無菌エアーシステムを導入しているので、雑菌が入らずいつでも綺麗な状態で水を飲む事ができます。

また同時にウォーターサーバーを選ぶ際に、水ボトルのサイズにも注目するといいでしょう。
水交換で上まで持ち上げる必要がないとしても、運ぶと労力は発生します。
そのため、女性やお年寄りの家庭であれば、水サイズが6.2〜7.2リットルサイズの軽めのものを選ぶとより、水交換が楽になるでしょう。

選べば

水素水ランキング上位の業者を選べば、選び方で失敗する可能性は低くなります。
ただし、必ずしも1位の業者があなたのライフスタイルに1番合う業者かどうかは分かりません。
料金や天然水の特徴、サーバーのサイズやデザイン、また配送の頻度など、重要視するポイントは人それぞれ異なります。
そのためランキング上位の業者はそれぞれ個別のサイトを訪れ、特徴などをチェックし、自分がいいと思った業者を選ぶようにして下さい。

水交換なんて、実際に利用してみないと気づかないポイントですが、口コミを見れば、利用者からの声で参考になる意見がたくさんあります。
なので、水交換は下に水ボトル設置場所があるサーバーを選ぶという事を、選ぶ条件に付けくわえて下さい。